福岡のアニソンイベント「デルタポップ」のDJたちのブログです
僕はデルタポップを紹介する時に「アニソンクラブイベント」とよく言ってます。これは便宜上、そう紹介した方がイメージがつきやすいかなと思ったからで、恐らくこれからも使うんでしょうけど、実際のところ、僕はデルタポップがアニソンクラブイベントなのかというと「?」と考えてしまいます。


僕が思う、というか、世間的に言われているアニソンクラブイベントというものは、恐らく「アニソン&クラブミュージック」が流れている場所だと思うんです。アニソンのRemixやダンスミュージック・アレンジも含めて。近年特にそのようなイベントが多くなっていってるように見受けられます。


初めに言っておきますが、僕はそういった類のものが好きか嫌いかというと「大好き」です。


僕がクラブ遊びを始めてから、もう15年以上が経ちますでしょうか。初めてイベント主宰したのが21の頃だったから、それ以上になるな。色んなクラブやイベントに遊びに行きました。


元々の出自がロックDJですので、そういうイベントには沢山遊びに行きましたけど、それ以外のジャンルのクラブにもよく行ってたんですよ。ええ、友達いないので大抵一人で。ロックは勿論、テクノとかも好きで。福岡に来日した、例えばどんなん行ったかな、ジェフ・ミルズとかデリック・メイとか、マイク・ヴァン・ダイクも行ったな。あと、僕が大好きだったディスコ・ツインズとか。福岡の地元の人達がやってるものもよく行ってた。あとはブレイクビーツとか、すげー好きだった派生のビッグビーツ、ハウスも大好き(イアン・プーリーとか当時のを今も聴いてる)だし、ヒップホップも行ってた(DVDに収録されてるTha Blue Herbのライブ、前の前のO/Dのやつも現場にいたよ)し、ダンス・ミュージックは特に、それに限らず大体好きなんですよね。当時は毎週ライブやクラブに行ってました。


で、何の話だったか。ああ、現在の主流と思えるダンスミュージックをフューチャーしたアニメソングのクラブイベント、僕は好きなんです。


で、そこにデルタポップが入るかといえば「?」という話だ。


デルタポップを始めたのが2007年の5月だったか。当時から僕は一貫して「アニメソングのイベント」というものに拘ってきています。当時思っていた事は、アニメソングには下地にアニメがあるわけで、その楽曲を聞くと否応無しにそれらの思い出が想起されてしまう。そういう音楽って、他には無い。そこがアニメソングの強みであり、そこにいる皆を繋げていくものだ、というかそんなイベントがやりたい。と考えていたわけです。


ここに対しては6年だか経ってもまったく僕はブレてません。DJが作る空間にアニメソングをはめ込んでいく手法、これも勿論素晴らしいし、相応のスキルが必要になっていくもので、アーティストと言ってしまっても良いものかもしれませんね。でも、デルタポップのDJにはアーティストは必要ないです。アニソンの力で参加してくれてる人達をアップリフトさせたり、時にはホロッとさせたり、それができればOKです。勿論、例えば曲順であったり、展開を作る事は肝の部分ですし、mix等の技術も必要です。アニメソングの力を引き出すことこそが、デルタポップが最も重視していかねばならないところであると僕は思っています。先日のイベントで、自分なりに展開を考えて考えて、ドカンといく曲を流した時、最前にいた参加者の方数名が泣いてたんです。特に気の利いたDJじゃないのにですよ。これって凄い事だと思うんですよ。それこそがアニソンの持つ力なんだと思います。


クラブは大好きですけど、なんていうか、クラブで鳴らすアニソンというよりも、アニソンが鳴るクラブ、そんなスタンスでやっていきたいと思います。実際のところ、アニソンを楽しく聴けるのであれば、クラブにはそんなに拘ってないというか。勿論僕なりのクラブに対する拘りというものはありますけど、アニソンを大音量で、皆と一緒に聴けるところってのが一番大事です。やり始めた時は、「クラブで爆音でアニソン流れてたら楽しいだろうなー。調べたけどそんな場所無い。じゃあやってみよー!」だったんですけれども、今はちょっと気持ちが変わってきてる感じ。大好きなクラブで大好きなアニソン聴けたら最高だけど、それはアニソンあっての事だよね、みたいな。わかりにくいか。むー。


僕は現状の、色んなタイプのアニソンをスピンするイベントが増えてきている状況を喜ばしく感じています。それだけ皆の選択肢が増えたって事です。僕らじゃ出来ないような事をやってるイベントもあります。裏返せば増えた事でそれぞれの動員が減ってきたとかいう話も聞きますが、僕はそこのところはそれぞれのイベントの頑張り次第だと思うので、現在は悲観的にならないようにしてます。悲観的になるくらいだったら、なんとかなる方法を考えた方が良い。そこは頭捻って考えていきましょう。


楽しいイベントがあちこちで開催されてます。それぞれが違った事をやってるはずです。自分に合ったイベントを探して楽しんでいけば良いんじゃないかと思いますよ。


デルタポップは、アニソンが大好きな人達が心から楽しめる場所を目指す、クラブでやる以上はそんな雰囲気もまあ大事なんだけど、とにかくメインはアニメソングを爆音で鳴らす事。そんなスタンスでいきます。
スポンサーサイト