福岡のアニソンイベント「デルタポップ」のDJたちのブログです
今回の開催は先にコータ君が書いてる通り、僕の無茶から始まったものです。慎重論者が多いデルタポップスタッフなので、こりゃ反対意見も沢山出るかもなって思ってたんだけど、意外と受け入れてもらえたってところからのスタートです。

開催に当たっての目的・目標の設定。沢山あるんですが、今回お話するのは、

・普段なかなか見られないアーティストのライブを見てもらうっ

ことと、

・来てくれたアーティストに福岡を好きになってもらう

ってことの二点。

来てもらうの方は、自分達の使命だと思ってます。僕達は地元を盛り上げるということにこだわってます。福岡でなかなか見られないアーティストのライブを、取り敢えずはデルタポップがお呼びして見てもらう。そこから道筋が生まれたら、更なるイベント、もしくは単独でも来てくれるようになるかもしれない。

好きになってもらうの方は上と重なるんだけど、折角来てもらったんだから、また来たいって思って貰いたい。なので、ここのところもミーティングを重ねました。そして、皆一生懸命頑張りました。

この二点は、無事今回達成できたところです。それは皆の頑張りの結果です。

そう、皆さん、デルタポップのスタッフを褒めてやってください。今回はみんな一生懸命頑張ってくれました。

フライヤー配布は遠くまで行ってくれました。色んな人達に開催を伝えて回ってくれました。タイムスケジュールもまとめてくれました。飛行機とホテルの手配もしてくれました。当日は楽屋のセッティングを綿密にしてくれました。キャッシャーや物販もバッチリ回してくれました。セキュリティも頑張りました。大分から来てくれた皆もありがとう!雑用雑務、文句も言わずにやってくれました。

彼ら彼女らあって、今回の開催出来ました。打ち上げではゲストの皆さんから、くすぐったくなる程のお褒めの言葉を頂きました。良かったね、みんな。

今回の開催で印象的だったのはみんなの涙。みんな今回はよく泣きました。三組のライブ中、それぞれ泣いてるメンバーがいました。それは頑張ってきたからだと思う。無茶な開催に付き合わせて、この半年を超える間、準備に走りまわってた苦労が駆け巡ったんじゃないかな。

みんな気づいてたかな。今回泣いてたのは僕達だけじゃなかった。遊びに来てくれてたお客さんも、ライブをしてくれたゲストアーティストの方も涙をこぼしてました。

とても素敵な事だと思います。それぞれの人達の心を揺さぶるものがあそこには沢山あったんですよね。僕はいつも「お客さんを泣かせること」を目標にしてます。今回は大成功でしたね。

遊びに来て楽しかった方、是非この楽しさわ友達に伝えてください。SNSでもブログでもなんでもいい。こんな開催は、これくらいの動員では恐らく今後は難しいです。当然ですが、今回の赤字はとんでもない額です。僕は続けていきたいです。その為にも、皆さんに協力をお願いします。デルタポップは皆さんと共に作るイベントです。

開催の裏話については、ぼくもまた書こうと思います。

まずは、遊びに来ていただいた皆さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deltapopfukuoka.blog50.fc2.com/tb.php/174-8604353d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック