福岡のアニソンイベント「デルタポップ」のDJたちのブログです
まずは遊びに来ていただいた皆さん、本当にありがとうございました!


今回のテーマは「感謝」のつもりでいました。いつもの開催とは違った、デルタポップを支えてくださった・お世話になった皆さん一人一人への感謝を込めた開催にしたいなと。それらの結晶のようなものにしたいとの思いでした。ただ、今回は参加費がちょっとお値段張っちゃいましたよね。いくら10回目記念といっても、そこは感謝じゃねえなと自分でも思います。今後はまたふらっと遊びに来やすいようなものにしていきたいと思っておりますよ。


今回は皆さんの感想等をたっっっくさんいただいております。お褒めの声、激励の声、お叱りの声等、それぞれに沢山の様々な声を届けていただいております。それらの一つ一つを真摯に受け止め、今後の開催に繋げられていけるように頑張っていきたいと思います。デルタポップの目標は、これまでにも言ってきましたが、参加された全ての皆さんに楽しんでいただくことです。いただいた意見にはそれぞれに真逆の意見もあったりもします。その辺りのバランスを考えつつ、更に良いものとしていくことが僕たちの役割だと思います。これからもデルタポップに期待していただけると嬉しいです。


yozuca*さんのライブ、いかがだったでしょうか?yozuca*さんも福岡の皆さんの熱気にびっくりされていたようで、全力のステージを披露していただきました。珍しい楽曲あり、アンコールあり(これは当初全く予定にありませんでした。アンコールの声を受け、yozuca*さんから自発的に飛び出していってくれました。)最高でした。舞台裏のyozuca*さんも凄く礼儀正しくてチャーミングな方でしたよ。きっと今回のステージで福岡を気に入ってくれたんじゃないかと思います。


地元バンドも素晴らしいステージングを見せてくれました。今回初めてご覧になった方も沢山いらっしゃると思いますので、興味を持ったバンドを見つけたら、その活動を調べてみてはいかがでしょうか。どれも音楽に対して真摯に向き合っているバンドです。


ゲストDJのサオリリスさんとMIYA2さんはそれぞれに、僕たちデルタポップDJとは違ったプレイスタイルでしたね。こういった他の場所で活躍されてるDJを見る機会ってのは今後もあっても面白いんじゃないかと個人的には思いました。おふたりともガッツリと会場の心を掴んでいたと思います。


今回の開催は本当に苦労しました。今までのデルタポップとは全く違ったものをやったわけで、リスクも沢山ありましたし、スタッフの皆も含め、普段とは違った事柄に半年間挑戦し続けてきました。その分、なんというかな、僕もいつもとは違った感動を味わうことができた気がします。


気がします、というのは、まだいまいち実感が湧かないからです。ずっと準備を続けてきたものが19日で終わってしまったということを、まだ受け入れられてないのかも。


最後のDJ、あのステージから見せてもらった光景は忘れられません。これからずっと続けていっても、いつまでも絶対に忘れることができない光景でした。1回目の時の事を思い出して、こんなにも沢山の方に遊びに来ていただけるようになって、皆さんに愛されるイベントになって・・・ぐるぐると頭の中を色んな感情が巡ってました。これじゃいかん、泣くかもしれんと思って、色々とごまかしてしまいました。しかしながら体はゾワゾワ足はガクガクしてて立ってるのも大変な状態でしたw


あの光景の中の皆さんには、一度もお話したことも無い方も沢山いらっしゃいました。でもでも、あの場を共有し、心がひとつになっているような、昔からの友だちと過ごす時間のような、そんな感じでした。


皆さんのデルタポップへの思いに最大限の感謝を送らせていただきます。ありがとうございました。


次は2回目のエクスタシーです。1回目から想像以上の期待の声を今だに沢山いただいておりますので、是非ともやらせていただきます。来年2月13日土曜日、場所はZOOMで夜9時から、お値段は1500円です。


次回のデルタポップ本開催は、またこちらもいつものキースフラックで、お値段も戻して通常営業に戻ります。どちらもお楽しみにしていただけたら嬉しいです。


来年もデルタポップは遊びに来ていただいた皆さんに満足していただけるように、声を参考に、遊びに来ていただいた皆さんが主役の楽しいイベント作りを目指して、スタッフ一同頑張っていきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deltapopfukuoka.blog50.fc2.com/tb.php/43-053e8f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック